スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

からだ

「孫がかわいいんじゃけど、抱っこしたのが悪かったんかな?」

「天気が悪いときに、痛みが強くなる。」。。。などなど。
。。。。。。。。。。。。。

「抱っこ」や「天気」に左右されない体を、目指しましょう。

。。たぶん、目指そうと思った瞬間に、だいぶ良くなると思います。

そのほうが、楽しいし、気持ちヨカデスヨ。

たまたま怪我しちゃう時は、誰でもしちゃう。。。急性なもの。

たまたまじゃない病気や痛み。。。急性じゃないもの。

若造小僧なので、「ハア~?」って言われると思いますが、僕はそう思って、そうしてます。


三男は「肩車」がお気に入りです。エエトレーニングになります。
スポンサーサイト

オ・ト・ナ

  広島栗原健太内野手(29)が、15日からの阪神2連戦(甲子園)で打点王の戴冠を目指す。14日は広島市内のマツダスタジアムで打撃練習などを行った。ここまで87打点をマーク。13日、阪神新井貴にトップの座を奪われたばかりだ。注目の直接対決になるが「自分との戦い。相手どうこうよりも自分の打撃をできるかどうかです」と気合を込めた。残り7試合を全力で戦う。大野投手チーフコーチも「タイトルを争っている人がいるなら投手と野手が協力する」と話す。投手も新井貴との無用な勝負を避ける方針だ。ナインが総力で、栗原の初タイトルを後押しする。

オ・ト・ナの世界。
事情はあるんじゃろうけど。。。なんかね~。。正々堂々?スポーツマンシップ?
そんなことよりビジネス?


猪木イズムを再確認した僕には。。。でも、格闘技界でもオ・ト・ナの世界がチラチラ。

オ・ト・ナの世界。。。見え過ぎてるような。
言ってること、やってることは、ガキのわがままみたいな。。

子供にどう説明しよう。

オ・ト・ナの世界。僕は苦手。

長男と同級生の親戚が、泊まりました。今日の試合のために。。
弟は、母親と帰宅。。玄関で「僕も泊まりたい」と涙が。。
ごめんね。。オ・ト・ナの世界なのよ。

琴奨菊関。。。
必殺技。。がぶり寄り。かっちょいい技です。大関までもう少しです。

そのもう少しを補うのに、呼吸を取り入れてるそうです。
心が落ち着くと言ってました。心技体ですね。

千代の富士。。大横綱。。小さい体で、筋肉マンで。
相手を持ち上げて投げつける。時には投げ落とす。放り投げる。
ちょっと前に辞めさせられた大横綱と、対戦したらどっちが強かったかな?

昔、千代の富士が言ってました。
『小指からまわしを取る。小指が掛かればまわしは取れる。』
これも技でしょうね。

僕も、膝や腕を持つ時は小指から持ってます。
しっくりくる気がするので。。。僕の勝手な技です。

腹部打診は左手薬指を、右手示指と中指でトントンしてます。。。勝手な技です。

心技体。。。力士。。。優しくて力持ち。。目標です。


一瞬の勝負なら、相撲が強いと思います。
いろいろな意味では、プロレスが最強だと思います。。。昔のプロレス。
ジャンボ鶴田のジャンピングニーの後の、『オーッ!』が最強で最高です。

ロボット

膝が痛くて、曲げにくい患者さん。
治療後、歩く練習。痛みは少なくなって可動も少し回復。

「ロボットみたいになったわ、歩きにくい。」

とおっしゃってました。

ロボット。。人が便利に合理的になるために造ってるもの。
でも、人が、ロボットになったら、まだまだ不便みたいです。

以前、生物は非合理的なことをしてると聞いた事があります。
生まれてすぐ死んでしまえば、合理的なのに、、、非合理的に生きている。

こんなことも聞いた事があります。
生きることなんか、「暇つぶし」だよ。。。

なるほどな。しっかり、非合理的に、暇つぶしをして、がんばります。



膝の患者さんの歩く姿は、日に日に良くなりました。
「ガンダム」はまだ「Ⅰ」しか観てませんが、ガンダムの動きはロボット離れしてました。
続きが楽しみです。「TSUTAYA,行きまぁ~す」

観察


年齢を重ねて「究極の一投」を追い求めてきた。かつては1日7時間、160回投げたこともあったが、「今は20回もやらない」。20代に200キロ以上を上げていたベンチプレスは「ハンマー投げに結びつくとは思えない」と封印した。

 投網を放ったり、空気を力いっぱい押す、感覚を研ぎ澄ますため新聞紙を丸めるなど、「筋肉に使い方を覚えさせるトレーニングを増やした」という。

 量より質を重視した異次元トレーニングを支えたのが、「チーム室伏」だ。昨季から理学療法士で日系3世のオオハシ氏、スウェーデン人のグスタフソン・コーチらと強力チームを結成。けがを予防できる肉体改造に着手。「赤ちゃんの動き」にもヒントを得て運動の基礎となる体幹から鍛え直した。「僕の体を“実験台”にしてチームで情報を共有する研究態勢が確立された」という。

 「この年齢までチャレンジできるのは多くのサポートがあってこそ。自分の可能性がどこまであるのか着眼してやっている」と室伏。ハンマー投げがライフワークだ。


すげーぜ。室伏選手。モノの見方が広くて深くて、ピーンとくるんだろうね。
考えてる、悩んでる。。。ではなくて、ありのままを見るゾ。これが大事なんだろうね。

室伏選手。『究極の一投』を目指す。。。かっこいい。



先日、深夜でプロレス観ました。タイガーマスクが出てましたが、なぜか赤いパンタロンタイプのパンツ。
3対3の試合でしたが、昔のタイガーマスクの「うぉーすげー、飛んだー。かっけぇー。」が無かったです。
がんばれ、今のタイガーマスク。
プロフィール

小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知

Author:小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知
広島県福山市の『おおや鍼灸接骨院』院長です。
はり師、きゅう師、ほねつぎです。
毎日、『力いっぱい』です。

おおや鍼灸接骨院 (084)957-6430

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あっ!こんにちは!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。