スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨接ぎ。。いざというときに。。

先日、階段で母親が転倒しました。。

物を拾おうと、前かがみになった時に、そのまま顔から滑り落ちました。。

顔面を強打し、前歯が折れました。出血もありました。

駆けつけるまでに、前腕や手の骨折があったらどうするかを、一瞬ですが考えました。

今回は、それはありませんでしたが、下腿部の打撲を見落としてました。

出血した顔面にばかり気を取られて。。反省です。。

。。。。。。。
僕の勝手な考えですが、怪我をするのはたまたまです。

良いもの食ってても、運動してても、バランスよくても、良い行いしてても、

怪我した時に、キチンと対応できるのが、資格として対応しても良いですよ
というのが、骨接ぎです。。素晴らしい手に職だな~と。

先日も、師匠の骨じいと、久しぶりにお会いして、そんな話をしました。

「今してる事が、我がの子や、家族、身内に出来るか?」

我が家では、子供が怪我すると、必ず「父ちゃん~」と行ってきます。
今のところ、軽症ですが。いざというときに。骨接ぎできるか。

それを考えて、今日も頑張っていきます。



シュミレーション。。でなく。
シミュレーション。。だそうです。。
トレーニングは裏切らない。。です。。
スポンサーサイト
プロフィール

小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知

Author:小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知
広島県福山市の『おおや鍼灸接骨院』院長です。
はり師、きゅう師、ほねつぎです。
毎日、『力いっぱい』です。

おおや鍼灸接骨院 (084)957-6430

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あっ!こんにちは!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。