スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成長期の筋トレ。。

時々質問があったり。。
先日、たまたま見たサッカー雑誌にも、
超有名高校の監督の記事にもあったので。

『成長期に筋トレ』について。。
成長期に筋トレすると、背が伸びなくなる、と言われてます。。

また、ダンベル等の重りじゃなく、
自分の体重(自重)を使うトレーニングが安全。と言われてます。

僕も昔はそう思ってました。。根拠も無く。。
ちょっと考えましょう。キストレ本も引用しながら。。

背が伸びなくなる。。
本当だろうか。。
重量挙げの選手や、体操選手を取り上げて、
筋肉つくと背が伸びない。と思われてる方多いのでは。。

重量挙げは床面から、高いところへ、高重量を挙げないといけない。
高身長だと不利です。

体操競技は、高速で回転や、高所からの捻りや回転の動きをしないといけない。
これも高身長だと不利です。

逆に、バレーボール、バスケットボールをしたから背が伸びる。
伸びた。というわけではない。
高身長だと有利です。

ただ、その競技特性で、低身長の選手が残った。消えた。
高身長の選手が残った。消えた。だけだ。。
中には、怪物級の筋力、ジャンプ力、回転力を持つ選手もおられるかもしれない。
バレーボールはリベロというポジションが作られた。

短距離選手や相撲では、背が伸びなくなるときいたことはない。
どちらも、一気に全身を爆発的に筋力を発揮する競技。

自重のトレーニング。。
腕立てや、懸垂。。
ここは、キストレ本をそのまま引用。
 1kgのダンベルベンチプレスと腕立て伏せでどちらが高強度かと言われれば、
もちろん腕立て伏せでしょう。
 外力の強さで成長軟骨が障害されるなら、重りの方が安全だと考えられます。以上。

まだまだ、筋トレの間違った認識が、通説として言われているようです。
成長するって言うのは、背が伸びることだけかい?と僕は思います。

筋肉ついたら、スピードが落ちるという通説もあります。
ボルト。ガリガリかな?

筋トレを含めた運動。
もっともっと、正しい情報を提供しないといけません。
腰痛もね。。
7月6日(土)、京都アイアンクリニックでの筋トレセミナー、
行ってきます。シンプルで正しい情報を。皆さんもぜひ。。
特に、みんな、最近、筋トレ、筋トレって、
筋トレに走るよね~って言って、筋トレに興味が無い治療家。お勧めです。

筋肉ドクターが書かれた、キストレ本。通称キス本。
我が家に、二、三冊あります。欲しい方、言ってください。


かといって、僕はムキムキでは無いです。
へなちょこです。。でも筋トレ、楽しいですよ。




サッカーしたら、脚が短くなるという通説も昔あった。
これは、ホントかも。。
経験者語る。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知

Author:小児はり・ほねつぎ・はり・きゅう・筋トレ。を。大宅 知
広島県福山市の『おおや鍼灸接骨院』院長です。
はり師、きゅう師、ほねつぎです。
毎日、『力いっぱい』です。

おおや鍼灸接骨院 (084)957-6430

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あっ!こんにちは!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。